過敏性腸症候群に効果的に対処しよう。

過敏性腸症候群の内視鏡検査ってどうやるの?!
過敏性腸症候群の診断をするためには
さまざまな精密検査を行いますが、その一つに内視鏡検査があります。

内視鏡検査というのは大腸内視鏡検査のことで、
肛門から盲腸部分まで小型カメラを付けた
内視鏡を挿入する検査のことを言います。

一度盲腸まで内視鏡を挿入した後、
内視鏡を逆戻りさせながら大腸の粘膜を観察します。

この検査によって、大腸がんや大腸ポリープ、
潰瘍性大腸炎など様々な大腸の病気を早期に発見することができます。

万が一異常が見られた場合は、
その場で細胞の組織を採取して精密検査することもできます。

ただし検査は大腸内に内視鏡を入れるため、
検査までに大腸を空っぽにしておく必要があります。

そのため検査前には下剤を飲んで
腸内の便を出しておかなくてはなりません。

また、検査の数日前からなるべく消化のよいものを食べるようにし、
検査日の前日夜9時以降は絶食しなくてはなりません。

この大腸内視鏡の検査をしても
視覚的な異常が見当たらなければ、
過敏性腸症候群である可能性は高くなります。

大腸内視鏡検査をするのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、
過敏性腸症候群だと思っていても
実は腸に疾患があることも考えられるため検査しておくほうが安心です。
HOME セルフチェック 漢方も効く
腰痛が引き起こることも 市販薬には限度あり 吐き気の原因になることも
詳しい症状 何科で診察を受ける? 検査方法
内視鏡検査 診断基準< セロトニンを使った処置
妊娠授乳中もOKな薬 薬の副作用は? 薬は薬局で買える?
効果的なお灸 ガス型に効くツボ 下痢に効くツボ
ガス型の治し方 子どもにも引き起こります。 食事から見直そう!
吐き気を漢方で改善 吐き気と頭痛 薬で吐き気改善
激痛を伴う腹痛 環境の変化で引き起こることも 腹痛は痛みどめで改善
薬は医者に処方をしてもらう
Copyrights (C)過敏性腸症候群に効果的に対処しよう。.All Rights Reserved.