過敏性腸症候群に効果的に対処しよう。

過敏性腸症候群の検査ってどんな検査内容?
過敏性腸症候群であるのかどうかは
さまざまな検査を行ったうえで診断されますが、
一口に検査といってもどんな検査をするのかわからないため
不安を感じる人も多いと思います。

過敏性腸症候群の診断には、
一体どのような検査が行われるのでしょうか。

過敏性腸症候群が疑われる場合には
まず内科や消化器科を受診することが多いと思いますが、
そこではまず第一段階として問診や視診、触診といった検査が行われます。

特に問診では、具体的にどのような時に
下痢や便秘といった腹部が不快な症状が強く出るのか、
日常生活の中で不安やストレスを多く抱えていないかなどを
かなり詳しく聞かれることもあるでしょう。

その次に行われるのが精密検査です。

精密検査には血液検査や尿検査、検便、腹部X線などのほかにも
必要に応じて大腸内視鏡検査や注腸造影検査
(=肛門から造影剤のバリウムと空気を入れて腸内の異常を調べる検査)
といった検査も行われ、大腸に器質的な問題がないかを詳しく調べます。

また場合によっては、
胃カメラや小腸の撮影などの検査をすることもあるようです。

こうした様々な検査を行った結果、
腸に明らかな異常が見られない場合には
過敏性腸症候群の可能性が強くなります。
HOME セルフチェック 漢方も効く
腰痛が引き起こることも 市販薬には限度あり 吐き気の原因になることも
詳しい症状 何科で診察を受ける? 検査方法
内視鏡検査 診断基準< セロトニンを使った処置
妊娠授乳中もOKな薬 薬の副作用は? 薬は薬局で買える?
効果的なお灸 ガス型に効くツボ 下痢に効くツボ
ガス型の治し方 子どもにも引き起こります。 食事から見直そう!
吐き気を漢方で改善 吐き気と頭痛 薬で吐き気改善
激痛を伴う腹痛 環境の変化で引き起こることも 腹痛は痛みどめで改善
薬は医者に処方をしてもらう
Copyrights (C)過敏性腸症候群に効果的に対処しよう。.All Rights Reserved.