過敏性腸症候群に効果的に対処しよう。

妊娠、授乳中にも飲める過敏性腸症候群の薬ってある?
過敏性腸症候群は、ストレスの多い現代社会において
性別を問わず若い人に多くみられる病気です。

そのため、女性であればこの病気を抱えながら
妊娠・出産をしなくてはならない人も数多くいると思います。

また出産後も赤ちゃんに授乳をする必要がありますので、
薬の安全性はとても大きな問題です。

そのような時に過敏性腸症候群で処方される薬は
今まで通り服用できるのでしょうか?

過敏性腸症候群の治療で処方される精神安定剤は、
妊娠初期では赤ちゃんの奇形を起こしたり、
出産前では早産を引き起こす危険性があることから、
服用を控えることが望ましいとされています。

また、出産後も薬を服用すると乳汁の中に
薬の成分が出てしまうため、
授乳中も薬の服用は控えるほうが良いとされています。

しかし妊娠中や授乳中というのは
ホルモンバランスの乱れから
自律神経のバランスも崩しやすい時期であり、
人によっては過敏性腸症候群の症状が悪化してしまう人もいます。

そのような中で、薬を全く服用しないというのはとてもつらいことです。

乳酸菌の薬など、薬によっては授乳中でも
安心して服用ができるものもありますので、
自己判断で薬の服用をやめたりせず医師に相談してみるとよいでしょう。
HOME セルフチェック 漢方も効く
腰痛が引き起こることも 市販薬には限度あり 吐き気の原因になることも
詳しい症状 何科で診察を受ける? 検査方法
内視鏡検査 診断基準< セロトニンを使った処置
妊娠授乳中もOKな薬 薬の副作用は? 薬は薬局で買える?
効果的なお灸 ガス型に効くツボ 下痢に効くツボ
ガス型の治し方 子どもにも引き起こります。 食事から見直そう!
吐き気を漢方で改善 吐き気と頭痛 薬で吐き気改善
激痛を伴う腹痛 環境の変化で引き起こることも 腹痛は痛みどめで改善
薬は医者に処方をしてもらう
Copyrights (C)過敏性腸症候群に効果的に対処しよう。.All Rights Reserved.